「もっとラクに、もっと力を発揮できる」緊張を抜くための効果的な姿勢・動作の仕方をお伝えします。体験レッスンあり。

動画で学ぶ

movie_banner

 

YouTubeチャンネル「身技レッスン」 チャンネル登録はこちらから

 

 

 

エクササイズ編

 

1.頭回旋(ヘッドターン)

首の筋緊張を抜く、またはそれが抜けた感覚を得るためのエクササイズ

 

2.ヒップ・バックスイング

股関節を緩めて、体の前後バランスの有利な取り方を学ぶエクササイズ。骨盤を立てる感覚も身につきます。

 

3.腕ぶら下げ

肩に力を入れて、肩を上げてしまうことは、多くの人がやってしまいやすいことです。この反応に気づき、やめていくためのエクササイズ。適切な腕のぶら下げ方と、そのコツを説明しています。

 

4.モンキー

アレクサンダー・テクニークの基本エクササイズとなる「モンキー」のやり方を説明しています。
「体の前後の重量バランスをマネージメントする」と考えていくと、最適なモンキーを実現できます。そして、これがモンキーのエクササイズの目的です。
これは「体を置く」感覚を身につけられるものとなり、パフォーマーが緊張したときに感じる「体が上がる感覚」の是正につながります。

 

5.チェアエクササイズ

有利な動作の基本のエクササイズ。椅子から立つ/座るという動きを通じて、動きの中で体の重量バランスを適切にとっていく感覚を得られます。「体を置く」感覚(プレイシング)にも役立ちます。

アレクサンダー・テクニークの基本のエクササイズの1つ。腰痛、股関節や膝の痛み・故障を持っている方、動きをしなやかにしたい、発声をよりよくしたい、アガりを改善したいなど、様々なことに役立ちます。

 

6.ウィスパード・アー

発声と呼吸を有利なものにするためのセルフエクササイズです。体の支え方に意識を向けていくことが、発声と呼吸を有利にします。その時に、何に意識を向けていくかを説明しています。
これもアレクサンダー・テクニークの基本エクササイズです。

 

7.アドリブ太極拳

最小限の筋緊張で動くために、意識していくポイントを学べるエクササイズ。
「動きやパフォーマンスに余計な力が入ってしまう」と感じる人は、ぜひこのエクササイズで、余計な力を抜く訓練をしてみてください。

 

特別編:クラシックギターのワークショップ

 

2013年2月 アレクダンサーテクニーク講座 パート1

 

2013年2月 アレクダンサーテクニーク講座 パート2

 

2013年4月 クラシックギタリストとアレクサンダーテクニーク講座 前半

 

2013年4月 クラシックギタリストとアレクサンダーテクニーク講座 後半

 

2013年4月 アレクサンダーテクニーク 個人レッスン

 

2013年6月 クラシックギタリストのためのアレクダンサーテクニーク講座 前半

 

2013年6月 クラシックギタリストのためのアレクダンサーテクニーク講座 後半

 

Copyright(c)2012 アレクサンダーテクニーク東京恵比寿/大阪/名古屋 身技レッスン All Rights Reserved.